事故車でも還付金は受け取れる?

還付金イラスト

車を処分する際に還付の制度があることはご存知でしょうか?還付金の概要、還付金の種類、事故車でも還付金を受け取ることができるのか、などについてこのページで詳しく説明していきます。

自動車の還付金とは

自動車の還付金は、自動車関連の税金で先に支払っているものについて、車を処分することになった時点で多く払いすぎた金額が還ってくるという制度です。

還付を受け付けてくれる自動車関連の税金は「自動車税」「自動車重量税」があります。その他にも還付ではありませんが、「自賠責保険」「任意保険」についても払戻金を受け取ることができます。
ただし、軽自動車税については、還付の制度がありません。

自動車税

自動車税は毎年4月1日時点で車を所有している人が12ヶ月分前払いしています。車を廃車した翌月から月割で計算して、多く払いすぎた分だけ還付されます。残り期間が一ヶ月に満たない場合(=廃車手続きが3月中になった場合)、還付を受けることはできません。また、軽自動車税は還付の制度がありませんので、廃車のタイミングによらず還付金を受け取ることはできません。

自動車税図解 自動車税図解

自動車重量税

自動車重量税は車検を受けるために2年以上の期間の分だけ先に支払っておく必要があります。これも自動車税と同様に、廃車の翌月から月割で計算して、車検の残り期間の分だけ還付金を受け取ることができます。軽自動車税とは違い、自動車重量税は軽自動車でも還付を受けることが可能です。

自動車重量税図解 自動車重量税図解

自賠責保険

自賠責保険は、自動車重量税と同じく、車検を受けるために2年以上の期間の分だけ先に支払ってあります。自賠責保険は税金ではないため還付とは呼ばれませんが、自動車重量税と同様に支払い過ぎている分については払戻金を受け取ることができます。

任意保険

任意保険は自賠責保険(車検)とは無関係ですが、払戻金を受け取ることが可能です。

ディーラーや中古車店の場合

中古車店イラスト

各種還付金の説明をしましたが、基本的に面倒な廃車手続きを自分で行った場合の話です。
車を売却・処分する際は、ディーラーや中古車店に依頼するのが一般的であると思われますが、ディーラーや中古車店では還付金を受け取ることが一切できません

しかも、事故車・故障車など、廃車しなければならないような車の場合は、「手続き代行費用」「引取料」「解体費用」「レッカー代」など、車の廃車費用を請求されてしまうことになります

カーネクストの場合

カーネクストロゴ

しかし、カーネクストなら自動車税の還付金を全額受け取ることが可能です!
さらに、自動車重量税の還付金・自賠責保険の払戻金についても、査定額に上乗せされますので、ディーラーや中古車店に売るよりも断然お得!

また、どのような車であっても費用は全て無料で対応しており、「手続き代行費用」「引取料」「解体費用」「レッカー代」など、廃車費用がかかることはありません。
もちろん還付の手続きも無料代行しますので、非常にお得かつ簡単に車を廃車・売却することができます!

廃車買取までの流れ

4つのステップで完結する、カーネクストの事故車買取の流れをご紹介します。

  • 1.査定・ご契約

    電卓アイコン

    お電話、もしくは無料査定フォームよりお問い合わせをいただきましたら、車種や年式、走行距離、お車の状態などをお電話にてお伺いいたします。すぐに買取金額を提示させていただき、ご納得いただけましたら契約成立となります。

  • 2.お車の引取

    レッカー車アイコン

    お客様のご希望の日時に、ご指定いただきました場所までお車の引取に伺います。また、引取日当日にお立ち合いができない場合でも引取は可能ですので、一度カーネクストまでご相談ください。

  • 3.必要書類の準備

    書類アイコン

    お車の引取日当日に、手続きに必要な書類を担当ドライバーへお渡しいただきます。引取日当日までに書類をご準備できない場合などは郵送対応もしておりますので、お気軽にお申し付けください。

  • 4.お振込み

    お札アイコン

    お車の引取が完了し、お預かりした書類に不備がないことを本社書類課にて確認いたしましたら、1週間~2週間程度でお客様ご指定の銀行口座へお振込みさせていただきます。

※お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。