事故車と修復歴車の違い

事故画像

事故を起こした車は一般的に「事故車」と呼ばれますが、中古車の販売店やサイトで記載されているのは「修復歴車」あるいは「修復歴の有無」です。「事故車」と「修復歴車」あるいは「事故歴」と「修復歴」にはどのような違いがあるかご存知でしょうか?このページで詳しく説明していきます。

事故歴・事故車とは

事故の規模の大小を問わず、事故に遭った車を一般的に事故車と呼びます。「事故歴」「事故車」といった呼び方は一般消費者向けにわかりやすく説明する時に使われますが、自動車業界ではそのような呼び方はせず、明確に定義された「修復歴」「修復歴車」という言葉を使います。

修復歴・修復歴車とは

修復歴に残る部分

  1. ①フレーム
  2. ②クロスメンバー
  3. ③インサイドパネル
  4. ④ピラー
  5. ⑤ダッシュパネル
  6. ⑥ルーフパネル
  7. ⑦フロア
  8. ⑧トランクフロア
  9. ⑨ラジエータコアサポート

自動車のフレーム(=基本骨格)部分を交換・修復した自動車が「修復歴車」であると、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が定義しています。

自動車のフレーム(=基本骨格)は9箇所設定されており、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートがフレームにあたります。これらフレーム(=基本骨格)のうち、一箇所でも修復したことがあれば、修復歴車として扱われます。

逆に言えば、ある程度大きな事故に遭っても、フレーム(=基本骨格)の9箇所全てが無事だった車は、「修復歴車」にはなりませんので、ボディのヘコミ・バンパーの破損・足回りやドアが潰れて交換したなどだけであれば、「修復歴なし」という扱いになるのです。

「修復歴車」は中古車市場では非常に価値が低くなるため、当然車を売却する際も「修復歴あり」であれば査定額が大きく下がることになります。
ドア交換など、「修復歴」とは無関係な事故に遭って修復歴がついていない場合は全く査定額に影響しないというわけではありませんが、大きく査定額が下がることはありません。
「修復歴」についての知識不足につけこんで、査定額を不当に下げる悪質な中古車業者もいないとは限らないので、注意しておきましょう。

事故減価額証明書とは

事故減価額証明書イラスト

「修復歴」がついてしまった場合、売却時の査定額に大きな悪影響があるということは既に説明していますが、他者が原因の事故に巻き込まれた結果、「修復歴」がついてしまったというケースの場合にも、そういった不利益がついてしまうのでしょうか?

実は「修復歴」が付いたことで失われてしまった価値について、自動車保険(車両保険)に加入していれば保険会社からある程度は取り返すことができます。その際に日本自動車査定協会で発行してもらえる「事故減価額証明書」というものが必要になります。

廃車買取までの流れ

4つのステップで完結する、カーネクストの事故車買取の流れをご紹介します。

  • 1.査定・ご契約

    電卓アイコン

    お電話、もしくは無料査定フォームよりお問い合わせをいただきましたら、車種や年式、走行距離、お車の状態などをお電話にてお伺いいたします。すぐに買取金額を提示させていただき、ご納得いただけましたら契約成立となります。

  • 2.お車の引取

    レッカー車アイコン

    お客様のご希望の日時に、ご指定いただきました場所までお車の引取に伺います。また、引取日当日にお立ち合いができない場合でも引取は可能ですので、一度カーネクストまでご相談ください。

  • 3.必要書類の準備

    書類アイコン

    お車の引取日当日に、手続きに必要な書類を担当ドライバーへお渡しいただきます。引取日当日までに書類をご準備できない場合などは郵送対応もしておりますので、お気軽にお申し付けください。

  • 4.お振込み

    お札アイコン

    お車の引取が完了し、お預かりした書類に不備がないことを本社書類課にて確認いたしましたら、1週間~2週間程度でお客様ご指定の銀行口座へお振込みさせていただきます。

※お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。